【ヘブロン:アル・ハリル旧市街】緊急的登録推薦によって世界遺産になったポイントと問題点をわかりやすく解説!

こんな方にオススメの内容!

  • なぜ「ヘブロン:アル・ハリル旧市街」が世界遺産に登録されたのか理由が気になる!
  • パレスチナ問題(中東情勢)に関わる知見を身につけたい!
  • 教養として世界遺産に関する知識を身につけたい!
  • 世界遺産検定の受験を考えている!
  • 中東への旅行を考えている!

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
今回は「ヘブロン:アル・ハリル旧市街」についておもしろ&わかりやすく学んでいきましょう!

聞いたことのない世界遺産だからどんな遺産なのかワクワクする!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

遺産ポイント

  1. 緊急的登録推薦”という形式で世界遺産に登録された!
  2. ヘブロンはユダヤ教キリスト教イスラム教の重要な巡礼地!
  3. パレスチナ問題ユネスコ脱退など複雑な事情が関わっている!

「ヘブロン:アル・ハリル旧市街」のプロフィール

登録名称ヘブロン:アル・ハリル旧市街
登録年2017年
所在国パレスチナ
登録ジャンル文化遺産
登録基準(ii)(vi)(iv)
備考緊急的登録推薦(世界遺産登録と同時に危機遺産登録

世界遺産登録名称の「ヘブロン」「アル・ハリル」とは

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ヘブロン:アル・ハリル旧市街 世界遺産登録名称の「ヘブロン」「アル・ハリル」とは

丘に沿って家屋が立ち並ぶヘブロン市街

まず”ヘブロン”とはパレスチナ領土内にある都市の名前です。

(ただし、パレスチナを国家として認めていないイスラエル側からすると、自分たちの国土内の都市であると考えているため”イスラエルの都市”という表現もできる)

次に”アル・ハリル”とはヘブロンをアラビア語で言い換えた都市名になります。

つまり、ヘブロン(アラビア語でアル・ハリル)という都市が世界遺産に登録されていることになります。

このように現地で呼ばれている都市名だけでなく、世界的に知られている名前が登録名称に入るケースはよくあります。

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
基本的には別名は英語で表現されることが多いですね!

また、今回の「ヘブロン:アル・ハリル旧市街」の世界遺産保有国であるパレスチナは多くの問題を抱えている国になります。

具体的にはどんな問題があるの?
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

最も有名な問題としては

パレスチナを国家として認めていない国が数多くある

という点です。

認められていない証拠として、2021年時点ではパレスチナは国際連合(国際協力をする機関)に加盟していません

国際連合に加盟していないということは、正式に国として認められていないと言っても過言ではありません。

国連への加盟が国として成り立っていることの証明になるんだね!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

一方で、パレスチナはユネスコへの加盟は果たしています。

つまり、国としては正式に認められていないものの、ユネスコへの加盟はしているため世界遺産への推薦をすることは可能なのです!

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
世界遺産登録はユネスコに加盟していることと世界遺産条約を締約していることが重要だからね!

国なのか国じゃないかは関係ないんだね!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

ちなみにパレスチナを国家として認めている国と認めていない国の内訳は下記になります。

国家として承認している国南米諸国、アフリカ諸国、アジアの多くの国、東欧諸国、他
国家として認めていない国日本、アメリカ、イスラエル(パレスチナを自国の領土と主張)、西欧の多く、オーストラリア、他
主に主要先進国がパレスチナを国家として認めていないんだね!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

世界遺産登録のポイント

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ヘブロン:アル・ハリル旧市街 世界遺産登録のポイント

旧市街の雰囲気

ヘブロンの世界遺産登録は主に下記の2つがポイントになります。

  1. 複数の宗教の重要な巡礼地として発展した歴史的な価値
  2. 文化財の保護を強化するために緊急的に世界遺産(危機遺産)に登録

「緊急的に」って一体どういうこと?
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
簡単に言うと、例外として通常の手順を踏まずに世界遺産に登録することだよ!

当然のことながらヘブロンは歴史的な価値があることが認められて世界遺産に登録されています。

しかしヘブロンの世界遺産登録は通常の登録とは違い、「今すぐにでも世界遺産に登録して保護した方がいい」という”保護の観点”が世界遺産登録の最大の理由になっています。

つまり文化財の価値以上に保護に力を入れるために世界遺産登録されたわけなんだね!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

具体的な保護の観点などについては後述の「緊急的登録推薦による世界遺産登録へ」で詳しく解説します。

3つの宗教の重要な巡礼地

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ヘブロン:アル・ハリル旧市街 3つの宗教の重要な巡礼地

ユダヤ人の始祖であるアブラハムやヤコブが眠る「マクペラの洞穴」

世界遺産登録名称に「旧市街」というワードが入っているように、ヘブロンの旧市街エリアが世界遺産に登録されています。

この旧市街は、13〜16世紀のマムルーク朝時代に築かれたものです。

その旧市街の価値を高めているポイントは主に下記になります。

  • パレスチナ、シナイ半島、ヨルダン、アラビア半島を移動する隊商(商売をする人々)交易の要衝として発展する。
  • アブラハムの墓(アブラハム・モスク)がある。
  • 3つの宗教の重要な巡礼地となっている。

交易の中心になったり複数の宗教の巡礼地になった歴史に価値があるんだね!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
そうだね!その点が登録基準(ii)が認められた最大のポイントだね!

なお3つの宗教とは下記を指します。

  1. ユダヤ教
  2. キリスト教
  3. イスラム教

3つの宗教の巡礼地になった理由はなんなの?
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
理由は「アブラハムの墓」の存在がポイントになるよ!

そもそもアブラハムとは、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教など複数の宗教の一神教の始祖とされている最初の預言者です。

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
ちなみに一神教とは、1つの宗教が1つの神様のみを信じることを指します!

その一神教の最初の神と考えられているのがこのアブラハムさんだったんだね!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

一神教の始祖は偉大であるため、一神教を取り入れている宗教の人々からするとアブラハムは非常に信仰高き人物なのです。

だからこそ、そのアブラハムの墓があるヘブロンは、一神教の宗教にとって重要な地になるわけです!

その後オスマン帝国時代になるとヘブロンの市街地はさらに拡大し、歴史的にも価値のある建造物が数多く建てられるようになりました。

こういった歴史の重要な段階を知ることができる点が、登録基準(iv)が認められた大きな要因ですね。
(登録基準の詳細に関してはこちらの記事で詳しく解説しています)

複数の宗教の重要な拠点という歴史的背景に世界遺産としての大きな価値があるんだね!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

緊急的登録推薦による世界遺産登録へ

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ヘブロン:アル・ハリル旧市街 緊急的登録推薦による世界遺産登録へ

”緊急”って書いてあるぐらいだから急いで登録されたのかな?
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
その通り!今すぐ世界遺産にする理由が明確にあったんだよ!

ヘブロンの旧市街は主に下記のような問題がありました。

  • ヘブロンが紛争地帯の比較的近くにある(ヘブロン市内で紛争が起こっているわけではない)
  • 経年劣化などにより歴史的な建造物に損傷が見られる
  • イスラエルとの緊張が高まっている

要するに、今すぐにでも文化財を保護する状況に置かれていたのです!

そして保護を強化するには世界遺産に登録することが最も有効であると考えられました。

文化財を保護する目的で緊急で世界遺産に登録されたんだね!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

世界遺産に登録されれば他国などから保護・保全に関する協力を得ることができます。

そしてなにより、世界遺産に登録されればヘブロンの街の認知度が上がるため、保護の必要性をうったえ広く伝えることもできます。

このように緊急的な保護の必要性が出てくる場合に緊急的登録推薦が採用されて世界遺産登録されます。

また世界遺産登録されると同時に危機遺産に登録される点も大きな特徴です!

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
なお「緊急的登録推薦」を含む”危機遺産”の詳細に関しては下記の記事で解説しています。

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ 【危機遺産とは?】目的や登録される諸条件を初心者にもわかりやすく解説!【危機遺産とは?】目的や登録される諸条件を初心者にもわかりやすく解説!

ヘブロンの世界遺産登録とアメリカ&イスラエルのユネスコ脱退との関係

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ヘブロン:アル・ハリル旧市街 ヘブロンの世界遺産登録とアメリカ&イスラエルのユネスコ脱退との関係

ヘブロンの世界遺産登録がアメリカとイスラエルのユネスコ脱退と何の関係があるの?
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
アメリカ、パレスチナ、イスラエルの三角関係を理解するとわかってくるよ!

まずアメリカとイスラエルがユネスコから脱退した理由から説明すると、十分な価値が証明されていないにも関わらずヘブロン旧市街が世界遺産に登録されたことに不満を覚えたからです!

具体的には
ユダヤ教の価値が十分に示されていない
この点をアメリカとイスラエルは主張しています。

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
アメリカとイスラエルは政治的にも軍事的にも良好な関係がありますからね!

一方で両国はパレスチナを国として認めていないからこそ反発しているんだね!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

こうしてヘブロン旧市街が世界遺産に登録された翌年にアメリカとイスラエルはユネスコから脱退しました。

でもユダヤ教の価値が証明されていないからといって脱退までする必要はあるの?
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
良い点に気づいたね!それはイスラエルの宗教に注目してみるとわかるよ!

イスラエルにとってユダヤ教は極めて重要な宗教です。

そしてヘブロンには「マクペラの洞穴」というユダヤ人の始祖であるアブラハムやヤコブの墓があります。

つまり、ヘブロンが世界遺産に登録されるということは、この洞穴を含むヘブロンの街がパレスチナの領土であることを認めてしまうことに繋がるのです!

パレスチナを国として認めていないイスラエルからするとたまったもんじゃないよね(焦)
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

そこでパレスチナを国として認めていないイスラエルは世界遺産登録を阻むべく、世界文化遺産の調査をするICOMOSの調査団の入国を拒否しました。

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
パレスチナはイスラエルの領土内に位置しているため、イスラエルへの入国を拒否すれば必然的にパレスチナにも入れませんからね!

イスラエルへの入国を拒否されたICOMOSの調査団は文化財の調査を実施することができませんでした。

しかしまともに調査がされなかったにも関わらず、世界遺産委員会にて価値が認められて、最終的にヘブロン旧市街は世界遺産に登録されたのです!

この結果にイスラエルは下記の点に対して猛反発しました。

  • ICOMOSがまともに調査できなかったのに世界遺産に登録するのはおかしい。
  • イスラエルにとって重要なユダヤ教の価値が十分に証明できていないことは世界遺産として相応しくない。
  • パレスチナの過去の世界遺産を含めて3遺産全てが緊急的登録推薦なのは政治的な力が動いているに違いない。

つまり、そもそもしっかりと調査をして科学的に価値を証明する段階にもなっていない点に不満があるんだね!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
ユダヤ教の価値を粗末に判断されたイスラエル側に立つと気分が悪くなるのもわかるよね!

本日の確認テスト

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ヘブロン:アル・ハリル旧市街

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
今後「世界遺産検定」の受験を考えている方はぜひ下記の問題にトライしてみてください!

(「世界遺産検定」の概要についてはこちらの資料を参考にしてください)

2級レベル

パレスチナのヘブロンを巡礼地としている宗教として誤っているものはどれか。

  1. イスラム教
  2. キリスト教
  3. ユダヤ教
  4. ヒンドゥー教

答え(タップ)>>

1級レベル

『ヘブロン:アル・ハリル旧市街』の説明として正しいものはどれか。

  1. 世界遺産に登録されたことにより、翌年に隣国のイスラエルとヨルダンがユネスコから脱退した。
  2. 市街地には一神教の始祖とされるアブラハムが眠る「アブラハム・モスク」が築かれている。
  3. パレスチナ情勢が不安定であったため、遺産保有国のパレスチナではなく隣国のレバノンが世界遺産に推薦した。
  4. 中央アジアから中国までを結ぶシルクロードの拠点として繁栄した。

答え(タップ)>>

※「3,4級」レベルのトレーニングテストは対象外になります。

まとめ

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ヘブロン:アル・ハリル旧市街
  • ヘブロンは一神教の始祖「アブラハム」の墓があるため、ユダヤ教キリスト教イスラム教の重要な巡礼地となっている!
  • 緊急的登録推薦として世界遺産に登録されたため登録と同時に危機遺産にもなっている!
  • 「ユダヤ教の価値が十分に示されていない」ことを問題視したアメリカとイスラエルは世界遺産登録の翌年にユネスコから脱退している!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん ブルートラベラー

おまけ:パレスチナへの観光目的の渡航は可能?

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ パレスチナへの観光目的の渡航は可能?

結論から言うと、パレスチナへの観光目的での渡航は可能です!

ただしパレスチナへ渡航するには主に下記の注意点があります。

  • 現状パレスチナ観光ができるエリアは「ヨルダン川西岸地区」のみで、「ガザ地区」への渡航は大変危険なため実質不可能!
  • パレスチナの空港よりも、隣国のイスラエルやヨルダンの空港を利用して陸路で移動する方法がトラブルに遭遇する可能性は低い!
  • イスラエルに滞在している間はパレスチナの話題は出さない方が良い!
  • 隣国からの入国はできるが必ず検問が実施される!

まずイスラエルとパレスチナの間は緊張した関係です。

そのため2カ国間を行き来することには少なからずリスクが伴う可能性があることを念頭に置いといてください(人命に関わるリスクが伴う可能性は非常に低いですが)。

また、パレスチナは大きく分けて2つのエリアに分かれます。

パレスチナ ヨルダン川西岸地区 ガザ地区

  1. ヨルダン川西岸地区
  2. ガザ地区

今回紹介した世界遺産「ヘブロン:アル・ハリル旧市街」やパレスチナ最大の観光都市であるベツレヘムなどがあるのが「ヨルダン川西岸地区」になります。

つまりパレスチナ観光をするとなるとほぼ間違いなくヨルダン川西岸地区を訪れることになります。

一方でもう一方の「ガザ地区」は紛争が絶えず非常に危険なエリアですので、訪れることはおろか、近づくことも避けた方が良いですね。
(パレスチナは情勢が不安定であるため、渡航前には必ず外務省による渡航情報を確認しておきましょう!)

情勢が不安定ではあるものの魅力的な観光都市はいくつもあるんだね!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

なおパレスチナへの渡航ルートとしては主に下記などが挙げられます。

  • 羽田・成田・関空 ⇨ ドバイなどの中東各都市を経由 ⇨ テルアビブ(イスラエル) ⇨ 高速バスなどでパレスチナ国境付近であるエルサレムへ向かう
  • 羽田・成田・関空 ⇨ ドバイなどの中東各都市を経由 ⇨ アンマン(ヨルダン) ⇨ 高速バスなどを利用して陸路でパレスチナへ

なおパレスチナへの入国にはビザは不要です!
(ヨルダンの空港を利用する際は空港で無料のビザを取得することになります。イスラエルはそもそもビザが不要です)

またパレスチナ国境付近では必ず検問が実施されます。

とは言っても、身構えするほど恐ろしい検問ではないので、検問官にしたがっていれば問題ないです!
(検問には数時間かかる場合もあるため、時間には余裕を持って国境を越えましょう)

以上がパレスチナへの観光目的で渡航する際の簡単な情報でした。

パレスチナ情勢は頻繁に変化するので、必ず事前に最新の情報を収集してなるべく綿密な計画をして渡航しましょう!

参考文献・注意事項