【白神山地 | ブナ生育地】世界遺産登録理由や固有種を含む動植物相をわかりやすく解説!

こんな方にオススメの内容!

  • なぜ白神山地が世界遺産に登録されたのか理由が気になる!
  • 白神山地に生息する動物や生育する植物を知りたい!
  • 教養として世界遺産に関する知識を身につけたい!
  • 世界遺産検定の受験を考えている!
  • 次の旅行先の候補地を探している!

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
今回は「白神山地」についておもしろ&わかりやすく学んでいきましょう!

日本で一番最初に自然遺産に登録された山々だね!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

遺産ポイント

  1. 日本のブナ林が現在も多く生育しているのは氷河期を乗り越え伐採があまり行われなかったから!
  2. 白神山地付近では極めて早い土地の隆起が発生しているため現在のような複雑な山地が形成された!
  3. アオモリマンテマ」「クマゲラ」などの貴重な動植物の生息が確認されている!

「白神山地」のプロフィール

登録名称白神山地
登録年1993年
所在国日本(青森県 / 秋田県)
登録ジャンル自然遺産
登録基準(ix)
備考日本で最初に登録された4つの世界遺産の内の1つ

そもそも「ブナ」とは?

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ 白神山地 そもそも「ブナ」とは?

秋になるとブナの落ち葉が天然の絨毯のような風景をつくる

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
まずは白神山地について語る前に今回の世界遺産解説のポイントとなる「ブナ」について簡単に触れておきます!

確かに「ブナ」って聞いてもわからない人は多いよね!教えてください!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

そもそも「ブナ」とは、古来から日本全土に広く生育している木の一種です。

このブナが密集して生い茂っている林や森を「ブナ林」と言います。

このブナ林は太古から現代まで長く生育していることから、「日本を代表する天然林」と言えます。

ブナはむかーーしから日本各地に茂っている日本を代表する木の一種なんだね!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

またブナは、「落葉樹」という一定の期間で葉が枯れて地面に葉っぱが落下する樹木の一種です。

そのためブナ林の地面には、多くのブナの葉が落ちている点が特徴的です。

でも葉っぱが地面に落ちているメリットって何かあるの?
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
お!良い質問だね!簡単に解説するね!

多くの葉っぱが地面に落ちていることによる恩恵は、大きく分けて以下の3点です。

  1. 落ち葉が虫や小動物の住処になる!
  2. 微生物の働きにより落ち葉が分解され貴重な土の養分となりさらにブナなどの植物が生い茂る!
  3. ②の栄養たっぷりな土壌が川や海に流れて水域にまで動植物の繁殖をもたらす!

このようにブナ林は生物の多様性を育んだり、良質な土壌環境を支える重要な役割をしているのです!

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
あとは純粋に地面が落ち葉で敷き詰められた”天然の絨毯”を見て楽しむことができるよね!

確かに秋の紅葉シーズンとかは地面がまっ茶色になって幻想的な景色になるよね!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

白神山地に広大なブナ林が存在する理由

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ 白神山地 白神山地に広大なブナ林が存在する理由
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
ここからは「なぜ白神山地にブナ林が広く生育するのか」について詳しく見ていきます!

白神山地が世界遺産に登録された理由もわかりそうだね!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

氷河期を乗り越えた日本のブナ

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ 白神山地 氷河期を乗り越えた日本のブナ

雪化粧をした冬の白神山地

現在白神山地で見られるブナは、約100万年前のものとされています。

4万5000年前までは、白神山地だけでなく日本各地にブナ林は存在してました。

しかし氷河期を機に、日本の樹木に大きな変化が訪れたのです!

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
気候変動などによって生育する植物や生息する動物が変わる現象は世界中でよく見られます!

ブナは水分にあまり強くない性質を持っています。

そのため氷河期によって発生する雪の影響を受けて、どんどん生育範囲を減らしていってしまったのです。

そしてブナの代わりに、「ツガ」「マツ」「スギ」などの水分に比較的強い樹木が日本各地に生育範囲を広げていきました。

なるほど!でもそしたら雪がたくさん降る白神山地に今でもブナが生育しているのって矛盾してない?
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
またまた良い気づきだね!実はブナはこの氷河期で完全に消滅したわけではないんだ!だからこそ今でも白神山地でブナ林を見ることができるんだよ!

氷河期に入ってから日本のブナは、なるべく影響を受けにくい日本の南部に生育範囲を移動させていきました。

そのため南部に移動したブナを中心に氷河期を乗り越えて、氷河期後に再び生育範囲を日本各地に広げ始めまたのです!

さらに氷河期後には暖流が日本海に流入したため、日本海側でもブナが多く茂るようになっていきました。

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
なお白神山地のある秋田県と青森県は日本海に面しています!

まとめると、現在も白神山地にブナが多く茂っている要因は下記の2つになります。

  1. 氷河期をうまく逃れた!
  2. 暖流の良い影響を受けた!

なるほど!日本のブナは氷河期の影響を最小限に留めた上に暖流の恩恵を受けることができたんだね!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

またそもそもブナ林は、「極相林(きょくそうりん)」と呼ばれる植物の種類や構造が大きく変化しない林です。

このような理由から、ブナ林は国内を代表する森林になっているのです。

日本が世界有数のブナ林大国となったワケ

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ 白神山地 日本が世界有数のブナ林大国となったワケ
でもちょっと待って!日本だけでなく他の国でもブナはあるんじゃないの?
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
確かに日本以外にもブナは生育しているんだけど日本ほど生育している地域はあまり無いんだ!

現在でも日本以外にブナが生育している地域はあります。

その地域とは主にヨーロッパです。

白神山地と同様にブナ林が生育する価値が認められて、同じく世界遺産に登録されている地域があるほどヨーロッパはブナにとって良質な環境です!

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ 白神山地 カルパティア山脈

”ヨーロッパ版白神山地”とも言える「カルパティア山脈」

実際にウクライナやドイツなど18カ国にまたがる、『カルパティア山脈とヨーロッパ各地の古代及び原生ブナ林』という登録名称で世界遺産になっています!

しかし、日本以上にヨーロッパはかつての氷河期の影響を強く受けてしまい、ブナ林の密度は白神山地ほどではありません。
(とはいえ広範囲にブナが群生している貴重な地域です)

なるほど!白神山地は本当にブナの貴重な生育地域なんだね!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

なお、『カルパティア山脈とヨーロッパ各地の古代及び原生ブナ林』の詳細は、下記の記事で解説してますので、白神山地と比較しつつご覧になってみてください。

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ 【カルパティア山脈とヨーロッパ各地のブナ林】世界遺産登録の理由をわかりやすく解説!【カルパティア山脈とヨーロッパ各地のブナ林】世界遺産登録の理由をわかりやすく解説!

地層から見る環境の変化に強い日本のブナ

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ 白神山地 地層から見る環境の変化に強い日本のブナ

白神山地の人気観光スポットの「沸壺の池」 / 参照:「shizen_hukei」さんのInstagramより

白神山地付近では、年間1.3mmという極めて早いペースで土地の隆起が起こっています

そして現在も隆起活動は続いています。

しかし日本のブナは、このような激しい環境の変化にも順応できるほどの高い生命力を持っているのです!

白神山地は国内有数の複雑な地形をしています。

このような複雑な地形になった流れを簡単に説明します。

  1. かつては白神山地は海の中だった。
  2. 土地が隆起することで山地を形成する。
  3. 山地の上部は海底だった時に積まれた「堆積岩(たいせきがん)」で覆われている。
  4. 堆積岩は崩れやすい性質を持っている。
  5. 白神山地は雨や雪がたくさん降るため大量の水分を含みやすい。
  6. 崩れやすい堆積岩は水分を含むと地滑りを発生させる。
  7. 地滑りが起きるたびに山に窪みができその窪みに池・湿地・川をつくられる。

このようにして年々白神山地は地形を変えているのです。

またたとえ地滑りをして大きな地形の変化が発生しても、地滑りによって新たに形作られた土地に新たなブナが生育し始めるほど日本のブナ林は生命力が強いのです!

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
ちなみに地滑りによってできた池の中に「沸壺の池」「青池」という真っ青な輝きを放つ池がいくつかあり観光地として大変人気があります!

おーー!それは白神山地を訪れた際には絶対見ておきたいね!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

現在でも多くのブナが見られるワケ

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ 白神山地 現在でも多くのブナが見られるワケ

土地の隆起や地滑りなどの自然現象によって数多くの川や池が誕生した

そして白神山地で今もなお多くのブナを原始的な姿で見られる背景には、下記などの理由が挙げられます。

  • 人が住む地域から離れている!
  • 地形が急勾配だったため伐採がほとんどされていない!

また現在でも世界遺産に登録された範囲内では、歩道や林道の整備などは禁止されていて人の手を入れないように保護されています。

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
このような環境下に置かれている白神山地だからこそ古来からのブナ林の姿を留めたまま生育しているのです!

白神山地に生息する動植物の視点から見る世界遺産としての価値

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ 白神山地 白神山地に生息する動植物の視点から見る世界遺産としての価値
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
白神山地が世界遺産に登録された理由はブナ林の生育だけでなく他の動植物の生態系も関わっています!

そうなんだね!貴重な動物たちもいるんだね!詳しく教えてください!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

白神山地の植物相

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ 白神山地 白神山地の植物相

白神山地に生育する固有種「アオモリマンテマ」 / 参照:「Yumi Mikami」さんのInstagramより

白神山地には、ブナ以外にも貴重な植物が生育しています。

  • アオモリマンテマ(固有種)
  • オガタチイチゴツナギ(準固有種)

ちなみにオガタチイチゴツナギは現在も進化の途中にいます。

また白神山地の植物の特徴としては、「日華植物区系」に属する植物が大部分を占めている点です。

え!「日華植物区系」ってなに!?またよくわからないワードが出てきて困惑!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
簡潔に言うと地球全体の植物の生育を8区分に分けた中の1つの区分だよ!

この「日華植物区系」という区分にはどんな特徴があるの?
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
「氷河に完全に覆われることなく種の保存や発達が進んだ地帯」ってところだね!

この「日華植物区系」に属していたからこそ、氷河期を乗り越えて今でも日本には多くのブナ林が存在するというわけです!

白神山地の動物相

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ 白神山地 白神山地の動物相

白神山地に生息する特別天然記念物の「ニホンカモシカ」 / 参照:「Daisen Mochizuki」さんのInstagramより

白神山地は植物だけでな、く動物の生息地としても世界遺産に認められる価値がありました。

白神山地に生息する貴重な動物を下記が挙げられます。

  • 哺乳類:ニホンカモシカ(特別天然記念物)
  • 鳥類:クマゲラ(天然記念物)

哺乳類に関しては、「ニホンジカ」と「イノシシ」以外は白神山地に生息しているとされています。

そのぐらい動物の多様性が見られるんだね!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
ちなみにこのような多種多様な動植物が生息していることから白神山地は「動植物のサンクチュアリ(聖域)」なんて呼ばれ方もしてます!

本日の確認テスト

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ 白神山地

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ ブルートラベラー 青野真
今後「世界遺産検定」の受験を考えている方はぜひ下記の問題にトライしてみてください!

今回学んだことの復習を兼ねてやってみるのもいいよね!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん

(「世界遺産検定」の概要についてはこちらの資料を参考にしてください)

3, 4級レベル

白神山地に生育し世界遺産登録の評価対象になった樹木として正しいものを選びなさい。

  1. クヌギ
  2. マツ
  3. スギ
  4. ブナ

答え(タップ)>>

2級レベル

白神山地に生育・生息する固有種・天然記念物として誤っているものを選びなさい。

  1. ニホンカモシカ
  2. クマゲラ
  3. アオモリマンテマ
  4. ワオキツネザル

答え(タップ)>>

1級レベル

白神山地の説明として正しいものを選びなさい。

  1. 地球全体の植物の生育を8区分に分けた中の1つの区分である「熱帯植物区」に属する。
  2. ブナ林はここ数百年の間に生育した日本でも比較的新しい樹木である。
  3. 年間1.3mmという極めて早いペースで土地の隆起が起こっている。
  4. 植物相は多く見られるが動物相はあまり多く見られない。

答え(タップ)>>

「白神山地」のまとめ

おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ 白神山地
  • 白神山地には原始的なブナ林が生育している点に大きな評価を受けて世界遺産に登録された!
  • 日本のブナは氷河期をうまく乗り越えれることができたため現在は他国よりも多くのブナが生育している!
  • 年間1.3mmという極めて早いペースで土地の隆起が起こり、さらに堆積岩(たいせきがん)という崩れやすい岩に覆われているため頻繁に山地の形状を変化させている!
  • ブナ以外の植物だと日華植物区系に属する「アオモリマンテマ」「オガタチイチゴツナギ」などの固有種が生育している!
  • 植物だけでなく「ニホンカモシカ」「クマゲラ」などの天然記念物の動物も生息している!
おもしろわかる!世界遺産ユニバーシティ レオンくん ブルートラベラー

参考文献・注意事項